Copyright © 2014 Moon・PROMOTION  Corporation. All Rights Reserved. Created by  Wix.com

  • Megumi Okuda

目には見えないこと


みなさまおはようございます。

夏の3連休、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

私は昨日、創業以来(といってもまだ3年目)考えていた

一つの夢を実行することができました。

きっかけは起業して初めて参加した小さな異業種交流会で、

当時(まだ)純真無垢な私は

『いつか会社の経営を通じて社会貢献がしたいんです!』なんて、

みなさんの前でお話をしました。

すると、その場にいた50代の経営者がみなさんの前で、

『株式会社でやっててお金儲けしようってのに、綺麗ごと言って。みんな、覚えておこう。こういう会社は1年もたんよ。』っと、笑って、ののしられたのです。

その時は、涙がでそうで、まだ何も実行できていない自分が悔しくて、

言い返せなくて、唇噛み締めてその会をすぐに立ち去りました。

会社はお金がなければ始まりません。

お金がなくて、苦労したこともこの2年間でたくさんありました。

でも、会社の【存在意義】は「お金」ではない「何か」です。

今年の3月に弊社主催で「大平まゆみヴァイオリンコンサート」を実施させていただきました。

『オレンジリボン運動』の周知活動をさせていただいたことと、

みなさまにお買い求めいただいたチケット収益の一部を活用し、

昨日、児童養護施設で、訪問演奏をさせていただきました。

この活動に協力してくださったのは

ヴァイオリニスト大平まゆみさんと、佐藤郁子さんです。

児童養護施設にいる42名の2歳〜18歳の子どもたちの内8割は、

お父さん、お母さんがいる子たち。

離ればなれに暮らさなければならない理由はきっと複雑で、

単純なことではないのだと思います。

私がこの子たちに『会社の経営を通じてできること』は大きな寄付額ではなく、

『心の幅を広げる"何か"』だと感じ、そして実行することが出来たのです。

じっと、だまって聴いていなくていい。

何かあった時に、『こんなこともあったな』『この曲好きだったな』って

思い出してもらえたら、それでいい。

その子の人生において、何かのきっかけを提供できたら、

こんなに、みんなが幸せなこと、他にないと思うのです。

大平まゆみさん、佐藤郁子さん、

大場園長、(かけつけてくださった杉ノ目さん)

毎日園で子どもたちのお世話をされているみなさん。

そして、元気に楽しんでくれた園のみんな。

会社として【存在している意味】がすこしだけ、実感できた気がします。

最高に幸せで、

素晴らしい日を、ありがとうございました。


奥田萌


0回の閲覧