Copyright © 2014 Moon・PROMOTION  Corporation. All Rights Reserved. Created by  Wix.com

労働基準監督署と年金事務所

こんばんは。暑い日が続きますね。 こんな日の夜は花火をしながら涼みたいですね。 さて、8月8日 2度目の設立記念日に向けて社員の雇用形態も変わり、 年金事務所での健康保険、厚生年金の新規加入手続き(無事完了) 労働基準監督署での労働保険の加入手続きへ行ってきました。 ※公共職業安定所(雇用保険)へは労働保険の加入番号申請後の手続き。 最初は社労士さんに頼む気満々だったのですが、 社員の大切な保険、生活に関わること。自分で仕組みを納得してから しっかりと、堂々と支払いたい。 そう思うと、いてもたってもいられなくなり、 社労士さんをお断りし(申し訳なかったです…)下調べをしてから 必要書類をカバンに詰め込んで行ってきました。 年金事務所では、窓口の方が丁寧に教えてくださったので1時間程度で 健康保険と厚生年金の加入に成功。 疑問点があったので相談をしたところ、仕組みを教えてくださりました。 今年中にもう一度年金事務所へ伺い、変更申請をする予定です。 労働基準監督署では、 窓口の方が時間外指導員のベテランさんで(おじいさま)、 一つ一つ、ゆーっくりと丁寧にお話くださいました。 わからない用語が出てきて、相談したら、辞書を出して見せてくださいました。 健康保険・厚生年金の加入より、労働保険の加入の方が難しいと聞いていたのですが、 あと1回お伺いすれば、無事加入完了です。 保険率表というのが毎年改訂されていて、事業の分類によって金額も違い 支払う仕組みも目からウロコで、とても楽しかったです♪ これから、ご自身で健康保険、厚生年金、労働保険、雇用保険に加入をされようと考えている 事業主さま

労働基準監督署と年金事務所

こんばんは。暑い日が続きますね。 こんな日の夜は花火をしながら涼みたいですね。 さて、8月8日 2度目の設立記念日に向けて社員の雇用形態も変わり、 年金事務所での健康保険、厚生年金の新規加入手続き(無事完了) 労働基準監督署での労働保険の加入手続きへ行ってきました。 ※公共職業安定所(雇用保険)へは労働保険の加入番号申請後の手続き。 最初は社労士さんに頼む気満々だったのですが、 社員の大切な保険、生活に関わること。自分で仕組みを納得してから しっかりと、堂々と支払いたい。 そう思うと、いてもたってもいられなくなり、 社労士さんをお断りし(申し訳なかったです…)下調べをしてから 必要書類をカバンに詰め込んで行ってきました。 年金事務所では、窓口の方が丁寧に教えてくださったので1時間程度で 健康保険と厚生年金の加入に成功。 疑問点があったので相談をしたところ、仕組みを教えてくださりました。 今年中にもう一度年金事務所へ伺い、変更申請をする予定です。 労働基準監督署では、 窓口の方が時間外指導員のベテランさんで(おじいさま)、 一つ一つ、ゆーっくりと丁寧にお話くださいました。 わからない用語が出てきて、相談したら、辞書を出して見せてくださいました。 健康保険・厚生年金の加入より、労働保険の加入の方が難しいと聞いていたのですが、 あと1回お伺いすれば、無事加入完了です。 保険率表というのが毎年改訂されていて、事業の分類によって金額も違い 支払う仕組みも目からウロコで、とても楽しかったです♪ これから、ご自身で健康保険、厚生年金、労働保険、雇用保険に加入をされようと考えている 事業主さま

目には見えないこと

みなさまおはようございます。 夏の3連休、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか? 私は昨日、創業以来(といってもまだ3年目)考えていた 一つの夢を実行することができました。 きっかけは起業して初めて参加した小さな異業種交流会で、 当時(まだ)純真無垢な私は 『いつか会社の経営を通じて社会貢献がしたいんです!』なんて、 みなさんの前でお話をしました。 すると、その場にいた50代の経営者がみなさんの前で、 『株式会社でやっててお金儲けしようってのに、綺麗ごと言って。みんな、覚えておこう。こういう会社は1年もたんよ。』っと、笑って、ののしられたのです。 その時は、涙がでそうで、まだ何も実行できていない自分が悔しくて、 言い返せなくて、唇噛み締めてその会をすぐに立ち去りました。 会社はお金がなければ始まりません。 お金がなくて、苦労したこともこの2年間でたくさんありました。 でも、会社の【存在意義】は「お金」ではない「何か」です。 今年の3月に弊社主催で「大平まゆみヴァイオリンコンサート」を実施させていただきました。 『オレンジリボン運動』の周知活動をさせていただいたことと、 みなさまにお買い求めいただいたチケット収益の一部を活用し、 昨日、児童養護施設で、訪問演奏をさせていただきました。 この活動に協力してくださったのは ヴァイオリニスト大平まゆみさんと、佐藤郁子さんです。 児童養護施設にいる42名の2歳〜18歳の子どもたちの内8割は、 お父さん、お母さんがいる子たち。 離ればなれに暮らさなければならない理由はきっと複雑で、 単純なことではないのだと思います。 私がこの子たちに

目には見えないこと

みなさまおはようございます。 夏の3連休、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか? 私は昨日、創業以来(といってもまだ3年目)考えていた 一つの夢を実行することができました。 きっかけは起業して初めて参加した小さな異業種交流会で、 当時(まだ)純真無垢な私は 『いつか会社の経営を通じて社会貢献がしたいんです!』なんて、 みなさんの前でお話をしました。 すると、その場にいた50代の経営者がみなさんの前で、 『株式会社でやっててお金儲けしようってのに、綺麗ごと言って。みんな、覚えておこう。こういう会社は1年もたんよ。』っと、笑って、ののしられたのです。 その時は、涙がでそうで、まだ何も実行できていない自分が悔しくて、 言い返せなくて、唇噛み締めてその会をすぐに立ち去りました。 会社はお金がなければ始まりません。 お金がなくて、苦労したこともこの2年間でたくさんありました。 でも、会社の【存在意義】は「お金」ではない「何か」です。 今年の3月に弊社主催で「大平まゆみヴァイオリンコンサート」を実施させていただきました。 『オレンジリボン運動』の周知活動をさせていただいたことと、 みなさまにお買い求めいただいたチケット収益の一部を活用し、 昨日、児童養護施設で、訪問演奏をさせていただきました。 この活動に協力してくださったのは ヴァイオリニスト大平まゆみさんと、佐藤郁子さんです。 児童養護施設にいる42名の2歳〜18歳の子どもたちの内8割は、 お父さん、お母さんがいる子たち。 離ればなれに暮らさなければならない理由はきっと複雑で、 単純なことではないのだと思います。 私がこの子たちに